△偽サイトにお金を払ってしまったら

お金を振り込んで、しばらく商品が来ない。メールで連絡する。最初は返答があったが、
すぐに連絡がつかなくなる。Webサイトも見えなくなって、もしかして偽サイトでは?
そこからのお問い合わせが多くあります。


■偽サイトにお金を支払ってしまった場合。

偽サイトは犯罪目的のサイトです。一般の商取引ではないので内容証明(そもそも住所は記載されている場所にない)などでは意味がありません。

偽サイトにお金を振り込んだ(カード支払い)の場合には以下のような手続きが一般的です。

 

・警察への相談
・銀行口座の凍結依頼

 

■口座が凍結されているかを確認

*預金機構:振り込め詐欺救済法に基づく公告トップページ
http://www.furikomesagi.dic.go.jp/

振り込んだ口座が凍結されているか?をご確認ください。
されている場合には、その旨を「警察」「銀行」にお伝え下さい。

■警察に相談

最寄の警察署(住所が一番近く)または都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口
https://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm
にご相談ください。

電話やメールで最寄警察に相談してみてください。
まずお金を取り戻すために銀行へ口座凍結を警察から依頼してくれるよう相談が良いかと思われます。相談すると警察が確認して金融機関に連絡してくれます。
(被害届では偽サイトの立証にが必要のため。被害届のタイミングも警察でご相談下さい)

 

■銀行口座凍結:支払いした銀行で手続き確認下さい。

*「金融犯罪に遭った場合のご相談・連絡先 – 全国銀行協会」
http://www.zenginkyo.or.jp/hanzai/information/

・みずほ銀行:振り込め詐欺による被害のご相談をお受けしております
http://www.mizuhobank.co.jp/info/higaisha_kyusai.html

・三菱東京UFJ銀行:金融犯罪にご注意ください。被害にあわれた場合
http://www.bk.mufg.jp/info/security/higai/index.html

・三井住友銀行:振り込め詐欺救済法に関するQ&A
http://www.smbc.co.jp/security/attention/furikomesagi/faq.html

・りそな銀行:振り込め詐欺被害者救済法に関するお問い合わせ窓口について
http://www.resonabank.co.jp/kojin/gochui/detail/080516/index.html

・ゆうちょ銀行:振り込め詐欺被害者救済法に関するQ&A
http://www.jp-bank.japanpost.jp/crime/crm_index.html

・住信SBIネット銀行:「振り込め詐欺救済法」に基づく被害金支払申請手続きのご案内
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/fraud

・楽天銀行:振り込め詐欺被害の救済について
http://www.rakuten-bank.co.jp/security/approach/remedy/fraud.html

*クレジットカードの場合にはカード会社にご連絡下さい。