偽サイト見分け方

偽サイトの画像はどこのが使われているの?

最近の偽サイトのデザイン

偽(詐欺)サイトの画像などはショッピングサイトのリンク表示や取り込んで表示などしています。
以前は殆どが楽天の画像でしたが、最近ではメルカリ、ヤフオクなどオークション(フリマ)の画像も取り込んでいます。

 

元画像のサイトは?

3月収集した偽サイトの元画像を調べてみました。
確認偽サイト数:1,039サイト
1)メルカリ の画像:490サイト
2)楽天:213サイト
3)Yahoo!:136サイト
4)ヤフオク:93サイト
5)Rakuten ラクマ: 65サイト
6)ポンパレモール :11サイト
7)BUYMA :7サイト
8)qoo10.:5サイト
9)au PAY マーケット:5サイト
10)amazon :4サイト
11)ヤマダ電機ymall.jp:3サイト
12)アスクル:2サイト
13)三井ショッピングパーク:2サイト
14)minne :1サイト
15)sofmap :1サイト
16)ZOZO :1サイト

*複数のサイトの画像を利用している場合には数が多いサイトを選択しています。
*収集した時点のものです。

 

詐欺か見分けるためには?

偽サイトかも知れない。と思ったときには、
偽サイト内の検索窓で
まず以下キーワードで検索してみてください。
「メルカリ」、「あす楽」、「Yahoo」、「フリマ」
検索結果で商品が大量に出てきた場合。偽サイトの可能性が高いです。

出てきた商品を元のメルカリ、楽天やyahoo!などサイトで確認してみてください。
「**様専用」など商品だと確認しやすいです。

 





Translate »
error: Content is protected !!